HP pavilion g6-1110tu納品・整備

友人に依頼を受けて、いつものお店に行ってみたところ

・傷多数あり
・ゴム足欠品
・DVDドライブ不明
BIOS ok
・通電 ok
無線LANモジュール搭載

でi5 2世代搭載のHP pavilion g6-1110tuが出てたのでちょうどいいやと思い購入

f:id:SI15_kyoko:20190204200718j:plain
f:id:SI15_kyoko:20190204200702j:plain

価格は3,500円でなかなかお安い!
だが、分解の最中にこの安さの理由に気づいてしまう...

おうちに帰還して、RAMとHDDを突っ込んでみると無事起動できた...

だが、「人様に上げるものだからオーバーホールくらいはせねば...」と思いキーボードを外してみると...

f:id:SI15_kyoko:20190204200646j:plain

「おや!?こりゃ、珈琲で万有引力の実験をした後があるやないですか...(驚愕)」

明らかに珈琲を零した跡があり、これはハズレ引いたのかな...と思ったのだが運良くDVDドライブ側に水漏れしてたので少なくとも基盤は無事な模様

そんなことよりキーボードですね...再度キーボードを本体につなぎ、タイピングしてみるものの
「r...g...b...t...」と順に打ってhを押した瞬間...「bg4m」

なんじゃこりゃ!

ついでにBack spaceを押してみると消えるどころか
「¥¥¥¥¥¥¥...」

増えとるやないか!

というわけで近々新キーボード召喚の必要がありますね...
楽○で新キーボードを新調したらまた現れます。
では(´ω`)ノシ